FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春到来 ふきのとう、そしてタラの芽 - 2009.03.01 Sun

料理名・ワインの品種でブログのレシピを探せる 今までのレシピを料理名で探せるようになりました。マリアージュを楽しみたい方はワインの品種でレシピを探せます!!



またまた、てつくんからの到来物。
春の香りいっぱいのたらの芽とふきのとうです。

まずは王道、天ぷらで楽しみます。
抹茶塩にてんつゆにと、ゆったりと春を味わいます。

たらの芽 天ぷら

皆さんは天ぷら以外はどんな食べ方にします?
私は甘鯛とたらの芽、ふきのとうをソテーしてみました。

甘鯛とソテー

<作り方>
1.一口大に切った甘鯛にかる~く塩をします。
2.小麦粉をうす~くはたきます。
3.フライパンにたっぷりのバター、溶けて泡立ってきたら皮めから焼きます。
 皮めがぱりっとしたらひっくり返してたらの芽とふきのとうを入れて蓋をして蒸し焼きにします。
4.仕上がりにオイスターソースをまわし入れて仕上げに黒こしょうをひとふりします。


私が春野菜に合わせれ大好きなのがリースリング。
マルク・テンペ リースリング・ツェレンベルグ2006  2,835円

艶やかな酸と果実のおいしさが絶妙のバランス。
一口含んで美味しいっ!!って膝をポ~ンと打ちたくなるようなワインです。



FC2 ブログ ランキングに参加しています!!


←ココをですね、ポチっと一押しが嬉しいんです♬
スポンサーサイト

● COMMENT ●

春の香

ふきのとう・たらの芽は、若い頃
有馬温泉で働いていた頃に 
よく取りに裏六甲山の山中を
兄弟子と歩き回っていた事を思い出します。

春の食べ物は、冬の間 
身体に溜まった毒素を出すための
薬的な役目もあるから
苦味が、あることを兄弟子から教わりました。

天ぷら以外はやったことがありません。
まだまだふきのとうやたらの芽は、
東京では高くて買えませんが、
もうちょっと出回ったらミュジニィさんのレシピでも
食べてみたいです。

春野菜でデトックスv-12

体にたまった脂肪も一緒にさよならしたいです。

もうすぐ筍も出てきますね♪

お義父さんもお義母さんも山育ちなので
春先になると二人がせっせと山菜をつんできてくれます
山から離れて暮らすようになって何十年たっても
こんなところにはえてるだろう
と、いうカンはハズレないみたいですーっ

天ぷらのほかだと
お味噌に混ぜたりとか・・・。
でも作ってもらってばっかり(汗
バターソテーなら作れるかなっ

てつくん

子供の頃は苦手だったふきのとう。
大人になってからは春の訪れが楽しみになりました。

私もできる事ならば自分自身で収穫した季節の野菜を味わいたいものです。

玉ねぎアレルギーさん

やっぱり天ぷらが王道ですよね♬
春野菜の天ぷらそばなんかもそそられますねえ。
でも、ソテーもなかなか美味しかったんでお試しくださいね。

naomiさん

コレットに京都の筍の真空パックが売ってましてお刺身で食べたらとっても美味しかったですよ。
1パック1500円だったと思います、ちょっと高いけど本当に美味しかったんでおすすめします。

こまめさん

あ、そうそう、ふきのとうのお味噌食べた事あります♬
温かいご飯にのっけたりお酒のつまみに超サイコーでした。
お願い、お母さんに作り方聞いてみて下さいな♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bourgogne1959.blog94.fc2.com/tb.php/237-8b60dd9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雛寿司 «  | BLOG TOP |  » 鶏肉を漬け込んで その3 鶏肉の照り焼きで懐かしのお弁当

プロフィール

ミュジニィ

Author:ミュジニィ
ワインと食、娘のためのレシピ、旅の思い出などを綴ったブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

雑談 (94)
社員食堂 (23)
お家ごはん (23)
外飯 (11)
ワイン会 (10)
ワインセミナー (3)
旅の記録 (54)
肉料理 (69)
魚料理 (61)
野菜料理 (73)
炭水化物 (64)
おやつ (11)
弁当 & ワンプレート (23)
調味料 (4)
にゃんこ (3)
ダイエットメニュー (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。