topimage

2018-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爽やかにチキンソテー オニオンソース - 2009.06.22 Mon

料理名・ワインの品種でブログのレシピを探せる 今までのレシピを料理名で探せるようになりました。マリアージュを楽しみたい方はワインの品種でレシピを探せます!!

オニオンソースで頂くチキンソテーです。

チキンオニオン2

            鶏オニオン3

寒い時はクリームやバターたっぷりのソースが美味しいんですが、暑くなってくるとハーブ系や柑橘系のさっぱりとしたソースが嬉しいですね♪

<まずはソースを作ります>
1.玉ねぎ 1個 にんにく 1かけ フードプロセッサーにかけます。

2.ボールに1を移したら赤ワインビネガー 50cc オリーブオイル150ccを加えて泡立て器でよく混ぜ、塩こしょうで味を整えます。

3.このソースは少し多めに作っておいてもドレッシングにも活用できるので便利です。


<さあ、肉を焼きますよ>
1.鶏のもも肉1枚を6等分にして塩こしょうしておきます。
 お肉は焼く前に冷蔵庫から出して室温に戻しておくのが上手に火を通すコツです。

2.フライパンに少し多めの油(出来ればオリーブオイル)を入れて熱します。
 多めの油にしておくとお肉を焼いている時にひっつきません。

3.油が温まったら中火にして鶏肉を皮の方を下にしてフライパンに入れます。
 ここからが、辛抱ですよ!! 皮めにきつね色の焼き色がつくまでひっくり返してはいけません。時々、フライパンをゆすってくっつかないように気をくばります。

4.良い焼き色がついたらお肉をひっくり返してもう一方の面もさっと焼いて取り出します。

5.この時点では火は中迄通っていません。アルミホイルで器を造り、鶏肉はパリっとなった皮めが上になるようにして並べます。アルミホイルで蓋をしたらオーブンに入れ200度で10分加熱します。
 フライパンで鶏肉に火を通すと固くなりますが、オーブンを使うと皮めはパリっと身はふっくらと焼き上がります。

<最後の仕上げ>
お肉が焼けたらお皿に盛りつけます。
この時、アルミホイルにたまっている肉汁はソースに使いましょう!!

フライパンでほぐしておいたしめじを炒めます。
しめじには軽く塩こしょうします。
そこにオニオンソースを必要な分量入れ、鶏の肉汁も加えて加熱したら出来上がりです。



お肉の上からたっぷりソースをかけましょう!! 
このソースと付け合わせのポテトサラダの相性がよいの。


お肉には赤ワインって言いますが、クリーム系ソースの鶏肉には少しこくのある白ワインがおすすめ。

今日の玉ねぎソースも白ワインも良いけど、私はロゼワインをお奨めします。

玉ねぎカラーのロゼワイン、きっとロゼワインを見直される事と思いますよ。

ミシェル・ゲラール テュルサン ロザ・ラ・ローズ2005


 





FC2 ブログ ランキングに参加しています!!
←ココをですね、ポチっと一押しが嬉しいんです♬
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bourgogne1959.blog94.fc2.com/tb.php/351-c546318a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボヤ鶏 «  | BLOG TOP |  » 今週のご飯 あれやこれや

プロフィール

ミュジニィ

Author:ミュジニィ
ワインと食、娘のためのレシピ、旅の思い出などを綴ったブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

雑談 (94)
社員食堂 (23)
お家ごはん (23)
外飯 (11)
ワイン会 (10)
ワインセミナー (3)
旅の記録 (54)
肉料理 (69)
魚料理 (61)
野菜料理 (73)
炭水化物 (64)
おやつ (11)
弁当 & ワンプレート (23)
調味料 (4)
にゃんこ (3)
ダイエットメニュー (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。