FC2ブログ
topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊南瓜 - 2008.10.15 Wed

珍しい野菜を求めて行くのがコレットというデパートのデパ地下。
このデパート、そごう→伊勢丹→井筒屋コレットという変遷を繰り返しているのですがず~っと変わらずに野菜売り場が充実しているのでとっても重宝しています。

今日は坊南瓜を発見。かっわい~い♪ 1個100円なり。
坊南瓜

こんなに可愛い姿は残さなくっちゃ、で、中身をくりぬいて詰めモンですね。

坊南瓜2

<材料と下準備>
豚のミンチ 80gくらい
しめじ   1パック 油で炒めて軽く塩こしょうする
枝豆    6房 ゆがいて中身を取り出しておく

<作り方>
南瓜の甘みを考えてミンチの味付けはピリ辛にしてみました。

1.カボチャのヘタを切ってからレンジでチン♪大きさと個数によって時間が違いますので様子をみながらやって見て下さい。私は2個で8分。

2..フライパンにサラダオイルを大さじ1入れてからレッドカレーペースト小さじ1弱を炒め香りがでたらミンチを炒めます。砂糖小さじ2 ナンプラー小さじ1弱で味付けします。
レッドカレーペーストは以前タイカレーで使用したものです。

3カボチャの中身をくりぬきます。種を取り除く気持ちでくりぬいて下さい。身は厚めに残しておかないと器として使えなくなりますし、食べる時にスプーンで身はきれいにすくえます。種は取り除いてしまいます。

4.しめじと半量の枝豆と南瓜の身とミンチをボールの中で混ぜます。これを南瓜の器に盛りつけ残りの枝豆をちらします。

坊南瓜4

ピリっと辛いミンチの味とねっとりと甘いカボチャのお味がマッチしてなかなか美味しい一品に仕上がりました。

レンジを使うので調理時間も下準備を入れて15分くらいです。
ミンチさえあれば他のお野菜は冷蔵庫の残り物でOKだと思います。
スプーンで奇麗に中身をすくって食べて下さい。

レッドカレーペーストがなければカレー粉でもいいんじゃあないかしら?

南瓜のほっくり感とミンチのスパイシーさを考えて選んだワインはドイツのピノ・グリ種を使用したワイン。フルーティさよりボディと個性の光るワイン。バーデン地方を代表する自然派の生産者です。
トラウトワイン グラウブルグンダ-・トロッケン


FC2 ブログ ランキングに参加しています!!

坊南瓜美味しそう!と思ったらポチっと一押ししてネ♬

料理名・ワインの品種でブログのレシピを探せる クリックすると料理名・ワインの品種でレシピを探せます!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bourgogne1959.blog94.fc2.com/tb.php/49-e28d6289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山荘 無量塔 «  | BLOG TOP |  » 秋鮭の味噌漬け弁当

プロフィール

ミュジニィ

Author:ミュジニィ
ワインと食、娘のためのレシピ、旅の思い出などを綴ったブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

雑談 (94)
社員食堂 (23)
お家ごはん (23)
外飯 (11)
ワイン会 (10)
ワインセミナー (3)
旅の記録 (54)
肉料理 (69)
魚料理 (61)
野菜料理 (73)
炭水化物 (64)
おやつ (11)
弁当 & ワンプレート (23)
調味料 (4)
にゃんこ (3)
ダイエットメニュー (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。